Recette

News

④ZEHリノベーション:中古住宅で新築並みの性能を手に入れよう!

皆様こんにちは!
マエケンです!
今回はZEHの認知度と住宅を建築する際に重視しているポイントが
変わってきている点について記載していきます。
前回の記事はこちら
③ZEHリノベーション:中古住宅で新築並みの性能を手に入れよう! – 北摂のリノベはルセット | 古き良き住まいに新しい息吹を | 建築士と家具店が一括サポート (klala.jp)
ZEHについて①~③までで記述しましたが
実際にどれくらいZEHの事が認知されているのかリクルート社が出している
2023年のトレンド調査から見ていきましょう!

■調査対象
下記条件を満たすマクロミルモニターかつ20歳以上の男女個人
【建築者】 1年以内に一戸建て(新築・建て替え注文住宅)を建築(竣工ベース)した人
【検討者】 今後2年以内に一戸建て(新築・建て替え注文住宅)の建築を検討している人
※上記いずれも本人または家族が下記職業の人を除外
住宅メーカーまたは販売、不動産・建設関連、広告代理店・市場調査関連

最近の建築する際に重視したポイントについては
・太陽光発電を搭載すること
・ZEHであること
・断熱性、気密性に優れていること
・省エネルギー性に優れていること
これらのポイントは年々上がっております。

逆に以前は多かった
・間取り、プランが良いこと
・収納が多いこと
などはどんどん下がってきており少しずつではありますがニーズが省エネ重視に
変わりつつあることが分かります。

注文住宅では2023年度の建築費は約平均3200万で土地代が約2150万と
どちらも年々上がっています。。。
ここまで上がってくると省エネ基準が義務化やらZEH水準が義務化やら
いくら言われても家を持つことが難しいですよね。。。
しかし何度もしつこく言いますがリノベーションでZEH水準を叶えることができるので
安心してくださいね!
建築費を抑えるだけではなく毎月の光熱費も
金額にして平均7,754円/月が削減されておりますので(ZEHの場合)
お財布にも優しい家を一緒に作っていきましょう!!

以上、マエケンでした!

« 一覧に戻る »