Recette

News

【偉大な建築士になる為に⑧】素材の違い

どーも!えっちゃんです👍

コンクリートの打ちっぱなしの家って

かっこいいですよね!

あの無機質で存在感のある見た目は

木造では出せない美しさがあります👀

でも、セメントやモルタルの家って

無いですよね?なんで?と思いませんか?

コンクリートって高いからモルタルの

家を建てよう!・・・とはならないと

思いますが今回はこの素材たちの違いについて

書いていきます!✏️

         

1,セメント

石灰石や粘土、石膏などを細かく砕き焼成した

粉末状の材料です。🔥

セメントは乾燥して硬化するのではなく

水と反応して硬化するという性質なんです💧

ちなみに、建設材料ではポルトランドセメント

というものをよく使います!

       

2,モルタル

「セメント+砂+水」を混ぜて作る

建設材料です🧱壁や床の仕上げ材として

使用したり、粘着性があるのでタイルを貼ったり

レンガを積んだりするときの目地材として

使用します😊

強度は低く、強度的な規格は無い為

構造体としては使用されません🙅‍♂️

また、ひび割れが起きやすく定期的な

メンテナンスが必要です😭

   

3,コンクリート

「セメント+砂+砂利+水」で作られます🏢

圧縮強度には強いんですが引張強度には弱い😶

なので建築物などで使用する際には

引張強度がある鉄筋を入れて

鉄筋コンクリートとして使用することで

お互いの欠点を補い合っているんです😎

    

4,アスファルト

石油を精製しガソリンなどを取り出す際に

抽出されます⛽️砂利や砂などと混ぜ

舗装材料などに使用されます🛣

耐久性・摩擦特性・排水性に優れており

熱に溶かされて施工されるので、柔軟性もあり

道路表面を滑らかに保つことができます😊

  

5,まとめ

いかがだったでしょうか!😃

セメントに砂を混ぜたり

砂利を混ぜたりすることで

呼び名や強度が変わるんですね〜😆

混同しがちなのでよく覚えておきましょう!

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!😊

以上!えっちゃんでした!次回もお楽しみに〜✋

« 一覧に戻る