ブログ

Estonia〜Finlandを巡る 〜2〜

NAGI LIVINGのスタッフ2名とともに、北欧エストニアとフィンランドを巡ってきました。

 

北欧の文化、街、人、建築、デザイン、歴史、そして様々なプロダクトに触れ、

 

たくさんのことを吸収してきました。このブログでその一端をご紹介。

 

 

タリン旧市街は中世にタイムスリップしたかのような街並み、そのなかでも「タリンドア」

と言われるほどドアのデザインが豊富です。

気になったものからいくつかピックアップしてみました。

 

クリスマスらしい雰囲気です。窓の格子のところがホンモノの格子でカッコいいです。

 

ブルー系の扉は多かったですね。その中でも淡いレンガと淡いブルーグリーンを持ってきて優しい感じ。

 

この朽ちた感じ。これは昨日今日でつくれるものではないです。たまらんですね。

 

たぶん通用口てきなところなのだと思いますが、壁も手を抜いていないところがgood。

ちなみにこの斜めストライプの意匠もよく見かけました。魔女宅でもトイレの扉でこんな感じのものがあったような。

 

重厚感あふれます。アルコーブ、階段、手すり、欄間、照明器具、それぞれが見事にマッチしています。

 

なんでしょうね。めちゃくちゃ小さい扉です。ゴミとか入れておくところかな?

板を張り合わせただけですが、しっかり存在感あります。

 

こちらはなんというのでしょうか、服で言うと「裏地に凝ってますねん」といったことでしょうか。

お店ならではのアイデアです。

 

番外編。扉よりこの看板に目が行きました(笑)

 

旧市街の中は城壁都市とあって、中が迷路のように入り組んでいます。

それに石造りや石畳がほとんどで、とても迷いやすい印象です。

そんななかでも扉に特徴をつけておけば、自分の家やお店の目印になるのかもしれませんね。

 

#北欧

#エストニア

#ドアデザイン

#扉

 

《大阪 北摂 阪神間 神戸 京都の中古住宅購入・リノベーションをご検討の方はルセットで》

《セレクト家具や北欧雑貨を取り揃えたECサイト、NAGI LIVINGも是非チェックしてください!》

《無料メルマガもやってます。まぐまぐ!メルマガのこちらのページよりぜひご購読を!》

8va 濱野哲夫