ブログ

細かいところで差が出る

目地の形状を図面で描いたら、その形状通りに

3Dプリンターでヘラを作ってきて、

 

 

しかも誤差があるから1ミリ違いで3種類とか、

 

ステンレスをレーザーカットしてバックライト当てる

なんてことを計画したら、

 

 

テープライトを貼る場所を微妙に変えて、ベニヤ板で確認をするとか、

 

細かいところを大事にしてもらうと、仕上がりもとても素晴らしくなります。

 

《大阪 北摂 阪神間 神戸 京都の中古住宅購入・リノベーションをご検討の方はルセットで》

《オススメ家具や雑貨を取り揃えた通販サイト、タカラジマ8も是非チェックしてください!》

《無料メルマガもやってます。まぐまぐ!メルマガのこちらのページよりぜひご購読を!》

8va 濱野哲夫