ブログ

久々のスケルトン

どんな現場かと意気込んで乗り込みましたところ、

 

もうすでにスケルトンやーん。

しかしご無沙汰ですな、この感じ。

 

このオールド感あふれるブリックタイル調の壁面、いい味出してます。

 

 

ここには水まわりがあったのね。このタイルのミントグリーンがまぶしい。

 

 

打ち捨てられた分電盤に哀愁が漂ってます。なんかいいねぇ。

 

ここで何をするかと言いますと、とあるサイクリングショップ&カフェができないか、

という今は検討段階です。

 

昨年思いつきで企画したサイクリングイベント(←結局コロナで中止)の準備で

知り合った、しかも1回しか会ったことない八重洲出版の方が、なんとボクのことを

覚えていてくれていまして、その方からのご紹介なんです。

人のつながりって、ありがたいな〜〜。感謝!!
 

8va 濱野哲夫